Remember that you are a Black Swan. - Nassim Nicholas Taleb


by yongohingo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
医療翻訳・通訳の部屋
散文
英検1級
美味しいもの
My Library
通訳ガイド試験
山!山!山!!

CPE ケンブリッジ英検
しいたけ日誌
Jogging
podcastのススメ
東京・江戸散策
Mi esposo
未分類

以前の記事

2014年 03月
2013年 06月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

お気に入りブログ

ばーさんがじーさんに作る食卓
アメリカ南部ど田舎奮闘記
お散歩日和 ー京都の風ー
永坂嘉光オフィシャルブログ
ハギスはお好き?
楽子の小さなことが楽しい毎日
沢ぱん日記
フィレンツェ田舎生活便り2
江戸・東京ときどきロンドン
キルトはお好き?
なまけものってすごい.....
We can fly
カリフォルニア食堂- t...
58才で英検一級。そして...
serendipity ...
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
ベジタリアンミットゥンと...
I love Florence
Sauntering 
奈良・桜井の歴史と社会
SPICE-Kiss
ネコと文学と猫ブンガク
なまけものってすごい.....
シェークスピアの猫
Serendipity日和2

メモ帳

最新のトラックバック

Mom's Fruitc..
from なまけものってすごい......
meloの本棚: 『Be..
from キルトはお好き?
2009年1月に読んだ本♪
from キルトはお好き?
meloの本棚:『The..
from キルトはお好き?

検索

その他のジャンル

最新の記事

平均15.4冊
at 2014-03-15 01:19
人生初の料理教室参加&近況報告
at 2013-06-09 10:31
通訳案内士試験、突破!
at 2013-02-11 10:59
weekend getaway
at 2013-01-28 23:30
2013年
at 2013-01-07 21:52

記事ランキング

ブログジャンル

語学
キャリア・資格

画像一覧

医学英語検定試験(その3-公式テキスト&参考書)

f0233815_1325814.jpg
こちらが公式テキストで、一応テスト前に全部目を通しましたが(試験前忙しくて最後のAppendixまで全部チェック出来たのは当日の朝でしたが)、試験本番に出てきたような医学論文なんて載ってませんし、はっきり言ってこれでは3級の対策にはなりません。その上、医学系の出版社から出ているにも関わらず、誤植だらけ。
そして、接頭辞、接尾辞、語根を使って単語を列挙している部分がつまらない。私は勉強も仕事も基本的に楽しくないと出来ない人間だし、例えば単語帳などを使ってout of contextで学習するのが苦手です。と言うより、特に語学に関しては「試験で点数を取るのが目的」のclosed-endな勉強の意味が分かりません。


そこで、Amazonを物色して購入したのがこの本。
『トシ、1週間であなたの医療英単語を100倍にしなさい。できなければ解雇よ。』
長ったらしいタイトルですが、最高に面白かったです。
f0233815_1334112.jpg

(本の写真はいずれもAmazon.jpより拝借。よって余計なマークはお許しを。)
元々etymology好きの私には堪らないアプローチ(どんなアプローチかはAmazon.jpに好意的なレビューが多数あるので割愛)。そして、とても効率が良い。医療分野で翻訳の仕事をして2年半、どれだけ非効率な単語の覚え方をしていたかを思い知りました。
例えば何度出てきても綴りが覚えられなかったStaphylococcus aureusという単語(日本語訳は黄色ブドウ球菌)。これもstaphyl/o/cocc/us(房状の球菌)と古代ローマの金貨でラテン語で「金」を表すaureus(これは本にで出ておらず、自分で調べました)というパーツでできているということを知り、感動。知らない漢字でも部首からなんとなく意味が想像できるように、パーツ(語源)を覚えることにより初めて見る医学英単語も意味が浮かびあがってくるようになりました。

まぁこの本に出逢えただけでも、この試験を受けた価値はあったと思うのですが、他にも収穫がありました。長くなったので、また続きます(こればっか)。

<追記>他に読んでてよかったと思ったのは、多田富雄の「免疫の意味論」「生命の意味論」。医学の勉強が目的ではなく、本好きの友人に勧められて読んだのですが、私が働く分野では出てこない「T細胞」、「インターフェロン」等の知識はこれで習得しました。読み物として面白い。医学に興味のない方にもお勧めです。
by yuko_in_kichijoji | 2011-07-05 01:34 | 医療翻訳・通訳の部屋