Remember that you are a Black Swan. - Nassim Nicholas Taleb


by yongohingo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
医療翻訳・通訳の部屋
散文
英検1級
美味しいもの
My Library
通訳ガイド試験
山!山!山!!

CPE ケンブリッジ英検
しいたけ日誌
Jogging
podcastのススメ
東京・江戸散策
Mi esposo
未分類

以前の記事

2014年 03月
2013年 06月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

お気に入りブログ

ばーさんがじーさんに作る食卓
アメリカ南部ど田舎奮闘記
お散歩日和 ー京都の風ー
永坂嘉光オフィシャルブログ
ハギスはお好き?
楽子の小さなことが楽しい毎日
沢ぱん日記
フィレンツェ田舎生活便り2
江戸・東京ときどきロンドン
キルトはお好き?
なまけものってすごい.....
We can fly
カリフォルニア食堂- t...
58才で英検一級。そして...
serendipity ...
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
ベジタリアンミットゥンと...
I love Florence
Sauntering 
奈良・桜井の歴史と社会
SPICE-Kiss
ネコと文学と猫ブンガク
なまけものってすごい.....
シェークスピアの猫
Serendipity日和2

メモ帳

最新のトラックバック

Mom's Fruitc..
from なまけものってすごい......
meloの本棚: 『Be..
from キルトはお好き?
2009年1月に読んだ本♪
from キルトはお好き?
meloの本棚:『The..
from キルトはお好き?

検索

その他のジャンル

最新の記事

平均15.4冊
at 2014-03-15 01:19
人生初の料理教室参加&近況報告
at 2013-06-09 10:31
通訳案内士試験、突破!
at 2013-02-11 10:59
weekend getaway
at 2013-01-28 23:30
2013年
at 2013-01-07 21:52

記事ランキング

ブログジャンル

語学
キャリア・資格

画像一覧

<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

6月の読書記録(その二)

6月の読書記録が途中のままになっていました。残り2冊、紹介します。

George Orwellの1984 。実はもう何年も前に読んでいたのですが、The Master and Margaritaを読んだ後、どうしてももう一度読みたくなって手に取りました。世界中で読まれている作品なので、ストーリーの説明はしませんが、テーマは「全体主義体制下に生きる人間の尊厳」という意味では同じです。George Orwellの作品は他にもAnimal Farm(邦題:動物農場)とHomage to Catalonia(邦題:カタロニア讃歌)を読みましたが、1984は他とは一線を画す、卓越した作品です。当時のソ連を批判する反共主義本と考える人もいるようですが、これはイデオロギーを超えて、人間の集合体という「全体」の中で人間らしく生きるとはどういうことかを問いかける一種の哲学書だと思います。特に後半のSmithとO'Brienの問答は理論構成が精巧で、巧妙に歪んでいて、身の毛がよだつほど恐ろしい。Smithが非人間的拷問に屈し、人間性の瓦解という結論に至る点で、MasterとMargaritaが最後に(あくまでも象徴的に)自由の地に飛び立つThe Master and Margaritaとは異なります。loveという言葉が最後に絶望的な状況で使われているところでは、SuskindのPerfume: The Story of a Murdererを思い出しました。

司馬遼太郎の「二十一世紀に生きる君たちへ」。大阪の司馬遼太郎記念館を訪れた際に、記念館が刊行した自筆原稿付きの本を購入しました。小学校高学年を対象に書かれたエッセイと、医師であり蘭学者であった緒方洪庵の生涯について書かれた「洪庵のたいまつ」が併録されています。「二十一世紀に生きる君たちへ」は易しい言葉で書かれた短いエッセイですが、自筆原稿を見ると推敲に推敲を重ねた作家の真摯な姿勢に胸をうたれます。「洪庵のたいまつ」の「世のためにつくした人の一生ほど、美しいものはない」という冒頭文には、利他の精神を生涯をかけて追及した(と私は思う)作家司馬遼太郎の謙虚さが表れています。何度読んでも胸が熱くなりピンと姿勢を正したくなる、子供たちだけでなく大人にも読んで欲しい名著です。下は司馬遼太郎記念館近くの公園にある文学碑(「二十一世紀に生きる君たちへ」の一節)です。

f0233815_1426166.jpg

司馬遼太郎記念館訪問については、また後日レポートします。
というわけで、6月に読んだ本は計5冊。内2冊は試験勉強の為の本で、6月前半は仕事が忙しく通勤時間も医学論文読んだりしてました。趣味の読書に費やせる時間がもっと欲しいですね。
by yuko_in_kichijoji | 2011-07-31 13:40 | My Library

さて、次は・・・・ What's next?

出張から戻ってきたら、英検1級の合格証書が届いてました。
英語の資格はTOEIC 990点と中学生の時に受けた英検3級(なんじゃこの差は・・・)しか持ってなかったのに、英検1級と医学英語検定試験3級が加わりました。そう言えば遠い昔にTOEFLを受けた記憶がありますが、もう点数は覚えていません。

次は8月28日の通訳案内士試験です。大きな声で言えることではありませんが、これから勉強を始めます。今年は力試しで受けようと軽く考えてましたが、上記2つの試験に合格したら俄然やる気が出てきたので試験まで5週間は出来る限りの対策をしようと思います。8月は遊びの計画もしっかり立ててますが(笑)。今年受かった試験科目は来年免除になりますし、何も準備せずに受験したらお金と時間が勿体ないですからね。

8月になったら週一のフランス語レッスンを再開しようと思ってましたが、ハマり症の私はそれだと頭の中フランス語一色になっちゃうので、9月からにします。The Economist誌の定期購読を開始するのも9月からにしよう。英語の学習としては、英検1級の次はケンブリッジ英検CPE(次の試験日は12月8日)をと思ってますが、11月27日に仕事で必要な別の資格試験(語学とは全く関係ありません)を受けるし、10月から他に始めたいこともあるので、CPE受験のタイミングについては9月以降、落ち着いたらゆっくり考えることにします。

出張の疲れをダラダラ残さない為にも、今朝は早起きして百合の花香る高尾山に行ってきました。台風一過の青空で絶好の登山日和でした。
f0233815_0453354.jpg

I went to Mt. Takao again today. Yes, twice in a week!! Lilies are full bloom now.
by yuko_in_kichijoji | 2011-07-24 00:49 | 散文

医学英語検定試験3級、合格!!

おお、びっくり・・・。半ば諦めていた医学英語検定試験3級の合格通知が今日届きました。
筆記の成績が悪くて恥ずかしいのですが、公表しちゃいます。
受験を検討されている方の参考になれば幸いです。

筆記試験 得点率 66.3%(平均72.1%)
分野別得点率
語彙問題 73.3%(平均69.2%)
読解・プラクティカル問題 64.6%(平均72.8%)

リスニング試験 得点率 86.7%(平均62.4%)

読解・プラクティカル問題の得点率が低いのは、時間が足りなくなって15問も無回答だったのでしょうがないですね。リスニングに救われたパターンです。透明性が低いこの検定試験、予想通り「合否判定基準についてのご質問には一切お答えできません」とのこと。私の結果から判断すると、70~75%あたりが合格最低ラインかと思います。

昨日・今日と立て続けにきた英検1級・医学英語検定試験3級合格の知らせ。5月、6月の努力が報われて嬉しいです。

f0233815_2355661.jpg

試験とは全く関係のないお話。うちの庭になる愛らしい桃たちです。
Les pêches dans notre jardin. Elles sont tres jolies...

明日、明後日は出張で関西方面に行ってきます。
by yuko_in_kichijoji | 2011-07-21 00:05 | 医療翻訳・通訳の部屋

英検1級、合格!!

f0233815_21145519.jpg

合格してました!
有言実行できてよかった・・・。嬉しいよりもほっとした気持ちの方が強いです。

昨晩一睡もしてないので、とりあえず寝ます!!

<追記>
1次試験の結果もここにまとめてのせときます。
☆印の位置を見ると、ほとんど何も準備せず受けた2次試験よりも、
ちゃんと過去問で対策をして挑んだ1次の方が成績が良かったのがわかります。
f0233815_14205141.jpg

by yuko_in_kichijoji | 2011-07-19 21:14 | 英検1級

3人で幻覚は見れなかった真夏のソバ The soba that didn't quite make us hallucinate (this time)

今のように暑い時期には毎日食べたい位蕎麦好きです。特におろし蕎麦。
I love soba so much I could eat it every day. My favorite is oroshi soba (cold soba with grated white radish).

もう2週間程前の話になりますが、食通で料理上手の友人が「幻覚を見るほどうまい」という蕎麦屋に行ってきました。港区にあるそば処港屋さんです。
A good friend of mine, who's a big foodie and great cook, has been talking about this soba place "Minato-Ya." He says their soba is "so good it makes him hallucinate." We had to go to the restaurant to see if that's true. The restaurant is located near the Tokyo Tower.

私のへっぽこ携帯で撮ったので写真がお粗末ですが・・・。
Sorry for the poor quality of these pictures. I took them with my mobile phone. I've gotta learn how to make these pictures smaller...

f0233815_14543247.jpg

私が食べたゴマもり。With sesame.
友人Kはこれに海苔が山盛りつく海苔ゴマもりを注文。My friend had soba with dried seaweed and sesame.

f0233815_1454041.jpg

友人Iが食べた冷たい肉そば。海苔の下に肉が隠れています。With pork (I think it was) hiding under dried seaweed.

駅から結構歩く上、店には看板もなく、ジャズ・バーのような外見で大変見つけにくい。外に並ぶサラリーマンが目印です(笑)。(行く前にこちらで下調べをして行かれることをお勧めします。並ぶ覚悟で。)

外に並んでるうちから??なのですが、中に入ると超・非効率なレイアウトにさらに???うまく説明できないのですが、狭い店内の中心に大きなテーブルが「どでーん」とあり、それを囲んで肩を寄せ合う立ち食いスタイルで、ショパン、ラフマニノフなどのクラシック音楽が流れています。一番美味しかったのは友人が頼んだ冷たい肉そば。濃い目のつゆにラー油が入っている。初めての味でしたが、太くコシのある田舎風蕎麦に合うんですね~。生卵を入れるとまろやかになります。

蕎麦にラー油?生卵?ラフマニノフのピアノ協奏曲?と色々掟破りな蕎麦屋ですが、私は「あり」だと思います。そして店長さんと思われる男性の笑顔がとても素敵。哲学を持って仕事してる人の表情って、本当魅力的ですよね。今回はお店がギュウギュウ詰めだったのと外で待っているお客さんの事が気になり慌てて食べたので幻覚を見るには至りませんでしたが、空いてる時間を狙って再トライしたいと思います。

I got lazy and stopped writing in English.... Sadly, we couldn't hallucinate over the soba this time, as the restaurant was super crowded and we had to rush to let the other customers in. But the soba was exceptionally good (different from anything I've tasted before). I'm definitely going back there again!!
by yuko_in_kichijoji | 2011-07-17 14:56 | 美味しいもの

6月の読書記録(その一)

えー、7月ももう半ばを過ぎてしまいましたが(汗)、折角ブログなるものを始めてみたので、ここに先月の読書の記録を残しておきます。ただし、振り返るのが苦手な性質なので、本のあらすじ等は詳しく述べず、感想のみ簡単に記したいと思います。6月は英検と医学英語検定試験を立て続けに受験し真面目に勉強していたかと思わせといて、趣味の読書も勿論しっかりしておりました(笑)。

まずは「読書」とはちょっと違いますが、一応勉強の本の記録です。
英検1級受験準備には、英検1級過去6回 全問題集〈2011年度版〉を使用。この本で過去問を一通り解いた後は対策問題集を・・・と思っていたのですが、復習をしっかりやったらもう必要ないなと感じたので、一次試験はそれ以外何もせず受験しました。

医学英語検定試験の対策には、公式問題集である日本医学英語検定試験3・4級教本〈改訂2版〉を利用しましたが、これがつっこみどころありまくりの本でして・・・。詳しくはこちらに記してますので興味のある方はどうぞ。

f0233815_7541460.jpg
趣味の読書記録に続きます。一冊目はMikhail Bulgakov(ミハイル・ブルガーコフ)のThe Master and Margarita (Penguin Classics) 。邦題は「巨匠とマルガリータ」。日本語では複数の訳が出版されているようですね。麗しのCraig Ferguson様(私が好きなコメディアン。紹介はまた別の機会に)が絶賛していたので購入しました。1930年代のモスクワに悪魔ヴォランドとその一味が突如として現れ、黒魔術によってモスクワの街を混乱に陥れるというストーリーと、イエス・キリストが生きた時代のエルサレムで展開されるストーリーが重なり合って織り成す不思議な小説。ガルシア・マルケスの「100年の孤独」など、所謂マジックリアリズム的小説が好きな人はすんなり入り込めるかと。私は残念ながらこのPenguin Glassics版のお堅い(いかにも大学教授が訳したような)文体が気に入らず、愛人「巨匠」に会いたい一心で悪魔に魂を売り魔女と化すマルガリータが縦横無尽に振舞い始める第二部からやっと感情移入することができました。劇作家であったブルガーコフが書いたこの小説、場面展開や悪魔の一味の小気味よい会話が独特で、ティム・バートン監督が映画化したらさぞかし面白いだろうなと思います。私が興味を持ったのは悪魔ヴォランドが絶対悪として描かれていないこと。どこか茶目っ気があり、光(神聖なるもの)の対極として闇が存在することの意義を知っている。村上春樹の1Q84に登場する「さきがけ」のリーダー同様、悪の相対性について考えさせられました。

英語では“Manuscripts don’t burn”(「原稿は決して燃えない」)というフレーズが一番有名ですが、私が一番気に入ったのは悪魔が巨匠に言う“Your novel will still bring you surprises”という一言。無神論者がはびこる文壇で、イエス・キリストを処刑したPontius Pilate(日本語ではポンティオ・ピラト?ポンティウス・ピラトゥス?)の苦悩を描く小説が酷評され精神病を患う巨匠と、ソ連の共産主義政権下で多くの作品が発禁処分を受け、言論の自由を奪われた作家ブルガーコフの姿が次第に重なるのですが、死後26年を経てやっと出版されたこの作品が何ヶ国語にも訳され、世界中の読者に愛されるようになるなんて作家は夢にも思っていなかったでしょう。奇想天外な小説ですが、ブルガーコフにとって一番のsurpriseはこれかな、と思わず「にやり」としてしまいました。

6月は他にも2冊読んだのですが、長くなってしまったので今日のところはこれまで。
by yuko_in_kichijoji | 2011-07-15 07:56 | My Library

英検1級2次試験、とりあえず終了!!

2次試験面接、今日受けてきました。

f0233815_1725949.jpg1次試験の結果が出てからこの間、何をしてたかと言うと、6月が忙し過ぎたせいか一週間ほど「燃え尽き症候群」でぼーっとしたり、映画観たり、小説にはまったりで英検の準備は全くしてませんでした。お尻に火がついたのは試験2日前の金曜日です。朝早めに起きて仕事前に英検過去問集についてきた模範解答のCDを聴いて「え?こんなにしっかり答えなきゃいけないの?」と思ったのと、その日の夜private lessonで試しに2分間で与えられた題材についてスピーチをしてみると、話が上手くまとめられない!いや~、焦りましたね。で、この本、14日でできる!英検1級二次試験・面接完全予想問題 (旺文社英検書) を前日に買って(汗)、1日でやりました。


本テキスト・面接についての感想は約10日後に結果が出てからアップしたいと思いますが、今回英検1級を初めて受験して痛感したのは、やっぱりニュースを読まなあかん!!です。英検1級、特に2次試験は日本社会、世界情勢に通じていること、そして自分の意見をしっかり述べる能力が求められます。私は大学では政治学を専攻し、NGOで働いた数年間も常にニュースに触れ、日本の政治と世界情勢を身近に感じていたのですが、今の仕事を始めてから新聞を日常的に読まなくなってしまっていました。TVは持ってないからニュースもほとんど目にしないし。仕事で日々医学論文を読んでいる頭を解きほぐしたくって通勤時間は小説ばかり読んでましたが・・・、大学時代の愛読誌であるThe Economistを定期購読することに決めました!!日本で買うとアメリカで売られている値段の2倍強するので(週刊誌で1,200円って高いですよね?)我慢してましたが、定期購読すると比較的安いのと、private teacherが一緒に定期購読して第1、3週に届くものは私が、第2、4週は彼がというようにシェアする案に乗じてくれたので。

さてと、これからフィリピンから来日中の知人とディナーに行ってきまーす♪
by yuko_in_kichijoji | 2011-07-10 17:04 | 英検1級

東日本大震災通訳ボランティア登録をしました

地震直後は母親がくも膜下出血で長期入院していたこともあり、
また仕事・勉強と忙しくて考える余裕がありませんでしたが、
実は医学英語検定試験終了後(英検1級2次試験はまだですが)、
東北にボランティアに行きたくてずっと試行錯誤していました。

医師免許、看護師資格、介護福祉士、歯科衛生士、理容師など使える資格を持っていれば
と自分の無力さを噛みしめるばかり。
私の古巣が募集しているバイリンガルボランティアは一週間の休みを取る必要があり、
仕事の都合上9月にならないと無理。
2泊3日、週末だけのボランティアも可能ですが、現状をこの目で見なくてはという気持ちはあれど、
役に立つスキルもないくせに「ひやかし」のような短期訪問はしたくない。
(週末ボランティアをしている方々の批判をしているわけではありません。
私の持つ数少ないスキルを有効利用できる方法がないかを模索しているだけです。)

そこで、週末オンリーの通訳だけでも、または東京に居ながらも翻訳という形で
ボランティアできそうな団体をやっと見つけました。
JGC通訳ボランティア事務局です。
About Usページによると、
「NPO(国家資格)通訳案内士連合、東京通訳アカデミーの支援のもと、
東日本大震災の被災者支援に来日された各国の救援団体の
言語サポートを行うことを目的に結成された団体」だそうです。
震災から4カ月近くが経とうとしていますが、微力ながらも
なんらかの形で貢献出来ればと思います。
by yuko_in_kichijoji | 2011-07-07 00:55 | 散文

Note to Myself

Just like love or giving, trust is a high-risk game that ultimately involves no one but you. And it's all the more rewarding for that.

So when it fails, do not reprimand the other by saying "I trusted you." You lost nothing. Nothing.
by yuko_in_kichijoji | 2011-07-06 22:31 | 散文

医学英語検定試験(その4-現状、そして次のステップ!)

医学英語検定試験については、これで最終回です。
前回は医学英単語についてレポートしましたが、今回は次のステップについて。
医学英語検定試験3級を受けて強く思ったことは、
「やっぱり生理学・解剖学をちゃんと勉強しなきゃダメだ!!」です。
現在社内翻訳として勤める会社は外科分野のインプラント・器械メーカーで、
日々の業務をしている限り内科の高度な知識は必要ありません。
求められるのは、同じサイエンスでも物理(機械工学、力学)や統計学の知識です。
(ここまで言ったら分かる方には業界まで分かっちゃいますね。)

医学とは全然違う分野から「翻訳技術」だけで飛び込んだ世界。
(本当は法律翻訳に興味があったのですが、それはまた別の機会に。)
「英語さえできれば専門知識は全部教えるから大丈夫」と言われ、
最初の一年間はとにかく必死で必要とされる知識を覚えました。
それが去年の中頃からやっと余裕が出てきて、
こんな狭い分野の知識だけじゃ「医療翻訳家」と胸を張って言えない、
もっと包括的な勉強をしたいと思うようになったのがこの検定試験受験を決めた理由です。
まぁ要するに、井の中の蛙になりつつある自分に気が付くと同時に、
glass ceilingにぶつかっていたわけです。

4級は受けてないので知りませんが、3級は医学英単語の知識だけでなく、
医学の基礎知識と臨床現場で行われる診断・検査方法などの知識も問われます。
例えば「pyelitisの意味を答えよ」という多肢選択問題では、
「腎盂炎」と日本語で答えるのではなく(オール英語の試験です)、
体のどの部位で、何が原因で、どんな症状が出る病気なのかを答えなければいけません。
医学生やDrには簡単な問題でしょうが、文系畑出身の私には敷居が高い。
そして医学の独学って、とても大変なんです。
医療通訳コースを提供している通訳学校も実際にあり、
通訳をすることもごくたまにあるので資料請求をしたところ、
必要とされるTOEICのスコアが確か800点くらい(ちなみに私のスコアは990点)。
これは「通訳」のコースとしてはレベル低すぎますよね?

そこでうーんうーんと唸っている内に見つけたのが、
Medical Interpreters & Translators Association (MITA)という団体。
試験のショックがまだ頭がクラクラしているその日の夜、会員になりました!
(はい、私超行動早い「思い立ったが吉日」人間です。まず走り出してから考える。)
実際に医大で医学英語を教えているメンバーを中心に月一の勉強会があるのですが、
私は通訳・翻訳学校にも行ったことがなく、同業者も全然知らないので、
新しい出会い、そして学びの「のびしろ」を埋めるチャンスに今から胸がワクワクしています。
そして医大生の友達から、pathophysiologyの英語の教科書を借りれることになりました。
わーい♪♪

Oh my god, that's a lot of Japanese. I just wanna say (to non-Japanese friends), "I am now a proud (yet quite intimidated) member of Medical Interpreters & Translators Association of Japan." Stoked about the new learning opportunities and doors it may open!!

More
by yuko_in_kichijoji | 2011-07-06 18:43 | 医療翻訳・通訳の部屋