Remember that you are a Black Swan - Nassim Nicholas Taleb


by yongohingo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
医療翻訳・通訳の部屋
散文
英検1級
美味しいもの
My Library
通訳ガイド試験
山!山!山!!

CPE ケンブリッジ英検
しいたけ日誌
Jogging
podcastのススメ
東京・江戸散策
未分類

以前の記事

2017年 06月
2014年 03月
2013年 06月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

お気に入りブログ

ばーさんがじーさんに作る食卓
アメリカ南部ど田舎奮闘記
お散歩日和 ー京都の風ー
永坂嘉光オフィシャルブログ
ハギスはお好き?
楽子の小さなことが楽しい毎日
沢ぱん日記
フィレンツェ田舎生活便り2
江戸・東京ときどきロンドン
キルトはお好き?
なまけものってすごい.....
We can fly
カリフォルニア食堂- t...
58才で英検一級。そして...
serendipity ...
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
ベジタリアンミットゥンと...
I love Florence
Sauntering 
奈良・桜井の歴史と社会
SPICE-Kiss
ネコと文学と猫ブンガク
なまけものってすごい.....
シェークスピアの猫
なまけものってすごい...Ⅲ

メモ帳

最新のトラックバック

Mom's Fruitc..
from なまけものってすごい......
meloの本棚: 『Be..
from キルトはお好き?
2009年1月に読んだ本♪
from キルトはお好き?
meloの本棚:『The..
from キルトはお好き?

検索

その他のジャンル

最新の記事

通訳案内士 江口裕之先生・根..
at 2017-06-23 23:09
平均15.4冊
at 2014-03-15 01:19
人生初の料理教室参加&近況報告
at 2013-06-09 10:31
通訳案内士試験、突破!
at 2013-02-11 10:59
weekend getaway
at 2013-01-28 23:30

記事ランキング

ブログジャンル

語学
キャリア・資格

画像一覧

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

通訳案内士 筆記試験自己採点結果

28日に通訳ガイド1次試験を受けてきました。
結局試験対策としてやるつもりだったことの三分の一の勉強もできず、今年は模擬試験、本番は来年というつもりで受験したので気楽でした。と言うより、楽しめました!!この資格取得を目指す決断をしてよかったと実感した一日でした。どれくらい勉強しなかったかと言うと、試験前に5年分の過去問を解いて、「通訳ガイド地理・歴史・一般常識完全対策」という本と山川日本史の教科書を一通り読むつもりでしたが、結局やったのは過去問2年分のみ。5月からずっと仕事が忙しい上、2つの資格試験の勉強で燃え尽きちゃってたのでしょうか。試験数日前まで鬱々としていましたが、「とりあえず逃げずに行こう。ダメ人間万歳!!」と開き直りの境地で挑んできました(笑)。
今日メール登録しているCELニュースレターで日本地理・歴史・一般常識の解答&レポートが届いてました。私がぼーっとしている間にもCELの講師・スタッフさんが頑張って作成して下さったんですね(感涙)。ありがとうございます!!以下、自己採点結果です。

日本地理71点(CELの予想合格ライン:55点前後)
→間違いなく合格、来年免除

日本歴史58点(CELの予想合格ライン:ガイドライン通り60点前後)
→おそらく不合格、来年再受験
これは合格だったら困る。私が外国人だったら、私みたいに歴史の知識が中途半端(と言えるレベルまでも達してないと思う)なガイドに案内されたくない。

一般常識58点(CELの予想合格ライン:50点前後)
→不明
一般常識は、見直してみるとこれは取れたはずなのに!という問題が2つはあって、悔しい。

ちなみに英語は70点が合格ラインらしいです。私は先日英検1級に合格しており、来年の英語の筆記試験は免除されるのでこれについては心配してません。2次試験の対策は勿論しなきゃだけど。
そこで、来年の外国語の筆記試験はフランス語で受験することに決めました!!フランス語は2年以上前にちょっとかじっただけなのですが、果たして一年で歴史小説が読めるレベルまでいけるでしょうか?(英語の筆記試験を受けてみて私が思うところの合格ラインは小説・新聞が読めるレベルです)

やってみます。

f0233815_23235441.jpg

吉祥寺の名物焼き鳥屋「いせや」 井の頭公園から見た朝の風景
手前のジェラート屋さん前はよく猫の集会所になっている
by yuko_in_kichijoji | 2011-08-31 23:27 | 通訳ガイド試験

夏の終わり

気がつくと過ぎ去っていた

星たちは位置を変え オリオン座が大きく見える

夜風が秋を運んでくる

さるすべりの花は 写真に残す前に 盛りを過ぎてしまったようだ



f0233815_451553.jpg

Photo taken in Osaka Expo Park, back in June.
by yuko_in_kichijoji | 2011-08-30 03:38 | 散文

Journey

先週金曜日に出張から帰ってきた後ずっとエンジンがかからず、
体調が悪かったのもあり、数日間勉強さぼってダラダラしちゃいました。
やっとやる気が戻ってきたけど、失った時間は戻ってこないんだな~。当たり前のことだけど。
私のダラダラのお伴はYouTube。
久々に大好きなsitcom、Frasierの最終回”Goodnight, Seattle”をみました。
最後に主人公Frasierがreciteする詩に元気をもらった気がします。

いくつになっても変化を恐れず、挑戦し続けること。

"It may be that the gulfs will wash us down:
It may be we shall touch the Happy Isles,
And see the great Achilles, whom we knew.
Though much is taken, much abides; and though
We are not now that strength which in the old days
Moved earth and heaven; that which we are, we are,
One equal-temper of heroic hearts,
Made weak by time and fate, but strong in will
To strive, to seek, to find, and not to yield."

- Alfred Lord Tennyson
by yuko_in_kichijoji | 2011-08-24 23:52 | 散文

通訳ガイド試験

試験(8月28日)まで二週間を切って「通訳ガイド試験」のカテゴリーを新設。
今年は力試し受験と言いながらも、我ながら準備開始が遅い!遅すぎ!!

とりあえず過去問解いてます。新たな発見盛り沢山で、面白いです。
あまりの知識不足で一人でやってると泣きそうになるので(笑)、
出来るだけ自宅のリビングやカフェで勉強するようにしよう。

色々あるけど、今日覚えた中で一番「なるほど」と思ったは、
三角州(river delta)と扇状地(alluvial fan)の違い。
by yuko_in_kichijoji | 2011-08-17 03:29 | 通訳ガイド試験

A Little Prayer

May the future you be a fulfillment of who you really are.
by yuko_in_kichijoji | 2011-08-16 19:26 | 散文

7月の読書記録

もう8月も半ばになってしまいましたが(汗)、一応7月に読んだ本リストアップします。
折角ブログ始めて読書録つけようと思ったのにどうしてそれが出来ないのかなー、と考えてみたら、私、常に2,3冊の本を同時進行で読んでるんですよね。丁度良い切れ目がないから読書録書く気にならない。
ま、誰の為にやってることでもないので、言い訳は程々に、気軽にちゃっちゃといきましょう。

14日でできる!英検1級 二次試験・面接 完全予想問題
英検1級2次試験の前日に買った本。14日どころじゃなく1日でやっちゃいました。同じく旺文社が出している過去問集と比べたら慌てて作った感は否めませんが、2次試験のイメトレには役立ちました。CD・DVD付きで1,890円はお得です。

The Immortal Life of Henrietta Lacks by Rebecca Skloot
読書の趣味が似ているmeloさんのこちらのブログで拝見し、「絶対好きそう!!」と思い即買い。結果、大当たりでした。上の問題集と一緒に2次試験前日に買ったのですが、試験終わるまで我慢できず面接の待ち時間もずーっとこの本読んでました(笑)。子宮頚癌患者Henriatta Lacksの同意なく採取、培養され、世界発のヒト由来細胞株となったHeLa細胞と、Henrietta本人と残された家族の歴史を追ったドキュメントです。詳しくはmeloさんのページやamazonに素晴らしいレビューがあるのでそちらをご覧いただければと思いますが、医療倫理について、命の価値について考えさせられる、そしてアメリカにおける医療格差や黒人に対する人種差別の歴史にも触れる気骨のあるノンフィクション。医者・医大生だけでなく、研究者など医療に関わる全ての人に読んで欲しい本です。最近、EMP(English for Medical Purposes)を医大生に教えている教授に会う機会がありますが、医学論文の読み方・書き方を教えるだけでなく、こういう本を使って英語で医療倫理のディベートをすればいいのにと思ったり…。余計なお世話ですが。
「不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生」というタイトルで日本語訳も出ています。

竜馬がゆく
言わずと知れた司馬遼太郎の代表作。英検受験前に一度中断し我慢してましたが、2次試験後、最後の2巻を一気に読みました。これはもう、文句のつけようの無い極上の読書体験です。幕末・維新史だけでなく、多くのことを学んだ気がします。この年になるまで読まなかったのは、本当に勿体ないことをした。高校生の時に読んでいたら人生変わっていたかも知れないなーと漠然と思ったり。まぁ、覆水盆に返らず、これからの人生に活かしたいと思います。司馬遼太郎作品は去年から「空海の風景」、「街道をゆく」シリーズなど少しずつ読んできましたが、「竜馬がゆく」でどっぷりファンになってしまいました。作者がまだ若かったからか、それとも竜馬に特別な思い入れがあった為か、他と比べて勢いがある。1960年台の作品なのに、全然色褪せていません。8巻の作者あとがきで、「日本史が坂本竜馬を持ったことは、それ自体が奇蹟であった」と書いていますが、日本現代史が司馬遼太郎を持ったこと、それも奇蹟だと私は思います。

ドキドキワクワク論文☆吟味。医学統計ライブスタイル
f0233815_14582136.jpg現役の医師、山崎力氏による医学統計の説明、医学論文の吟味の仕方を講義スタイルでまとめた本です。これだけ表紙画像(amazon.jpより拝借)のっけますが、こんな可愛い顔して(?)なかなか骨のある本で、きちんと理解して読むのに結構時間がかかりました。私は仕事で海外で発表された医学論文を読み、日本語でレビューを書く作業を日常的にやっているのですが、医学論文を読む上でぶち当たった問題は、まず医学用語が分からない(この問題はこれまでの学習で少なくとも専門分野に関してはほぼ解消)、そして統計学の知識が圧倒的に足りない!!でした。
この本を読んで、より高いレベルでのグラフの見方、数値の吟味の仕方を学べたと思います。「症例数を増やすことで、ほんの小さな差しかなくても統計的有意差を作ることができる」の一言には目から鱗でした。統計的有意差=臨床的有意差では必ずしもないということですね。また、山崎氏は循環器内科を専門とされているので、実際に市場に出ている薬の臨床試験を例に挙げて鋭い指摘をしていたり、私の現在の専門(外科系)と違う知識をこの本で得られたのもプラスでした。
医学論文を読む・書く医療従事者だけでなく、私と同じ悩みを抱えている医療翻訳家、製薬・医療機器メーカーの臨床開発部などで臨床試験のデザイン開発に関わる方々、MR、薬の広告の在り様に疑問を感じる一般消費者など、色々な方に読んで欲しい本です。この本の発行元である株式会社SCICUSさんは、こちらで絶賛した『トシ、1週間であなたの医療英単語を100倍にしなさい。できなければ解雇よ。』という本も出しているのですが、本当、いい仕事してるな~と思います。著者だけでなく編集・企画者のヤル気が感じられるんですよね。医療系出版業とe-ラーニングシステム開発業を展開しているようですが、私、キラリと光る仕事をするこんな中小企業大好きです。陰ながら応援します。

というわけで、7月に読んだ本は計5冊。フィクションもノンフィクションも、良い本に立て続けに巡り合っていて幸せです。
by yuko_in_kichijoji | 2011-08-15 15:02 | My Library

Lilies in Okutama

真夏の東京の山々には、百合の花が沢山咲いています。
f0233815_2122840.jpg


季節も関係なく、花屋でしか見たことのなかった百合。
可憐で高貴な花だと思ってたけど、炎天下の野外に咲いているのを見ると
根性ある花だと思う。真冬に咲く花と同じ位、真夏に咲く花には感動させられる。

f0233815_21214429.jpg


この百合たちは日原の民家の軒下に咲いていたから、植えられたものなのかな?
高尾山の百合は人の手の届かない所にもあっちこっちに生えてたから自生種に違いない。
名前を知っても知らずとも野生の草花の美しさは変わらないのに、
どうしても知りたい、名前を呼びたいと思うのは私という人間の未熟さだろうか。星に対する気持ちも同じ。
それとも一種の片思いかしら?
by yuko_in_kichijoji | 2011-08-13 21:50 | 散文

Okutama - Tokyo's Oasis

f0233815_20284956.jpg

久しぶりに奥多摩に行ってきました。

f0233815_20281657.jpg

見えるかな?

f0233815_2027405.jpg

奥多摩の主。お邪魔しました。
by yuko_in_kichijoji | 2011-08-08 20:31 | 散文

On the Illusion of Security

"Security is mostly a superstition. It does not exist in nature, nor do the children of men as a whole experience it. Avoiding danger is no safer in the long run than outright exposure. Life is either a daring adventure, or nothing." - Helen Keller
by yuko_in_kichijoji | 2011-08-06 03:29 | 散文