Remember that you are a Black Swan - Nassim Nicholas Taleb


by yongohingo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
医療翻訳・通訳の部屋
散文
英検1級
美味しいもの
My Library
通訳ガイド試験
山!山!山!!

CPE ケンブリッジ英検
しいたけ日誌
Jogging
podcastのススメ
東京・江戸散策
未分類

以前の記事

2017年 06月
2014年 03月
2013年 06月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

お気に入りブログ

ばーさんがじーさんに作る食卓
アメリカ南部ど田舎奮闘記
お散歩日和 ー京都の風ー
永坂嘉光オフィシャルブログ
ハギスはお好き?
楽子の小さなことが楽しい毎日
沢ぱん日記
フィレンツェ田舎生活便り2
江戸・東京ときどきロンドン
キルトはお好き?
なまけものってすごい.....
We can fly
カリフォルニア食堂- t...
58才で英検一級。そして...
serendipity ...
シチリア食通信 、時々イタリア
シチリア時間BLOG 2
ベジタリアンミットゥンと...
I love Florence
Sauntering 
奈良・桜井の歴史と社会
SPICE-Kiss
ネコと文学と猫ブンガク
なまけものってすごい.....
シェークスピアの猫
なまけものってすごい...Ⅲ

メモ帳

最新のトラックバック

Mom's Fruitc..
from なまけものってすごい......
meloの本棚: 『Be..
from キルトはお好き?
2009年1月に読んだ本♪
from キルトはお好き?
meloの本棚:『The..
from キルトはお好き?

検索

その他のジャンル

最新の記事

通訳案内士 江口裕之先生・根..
at 2017-06-23 23:09
平均15.4冊
at 2014-03-15 01:19
人生初の料理教室参加&近況報告
at 2013-06-09 10:31
通訳案内士試験、突破!
at 2013-02-11 10:59
weekend getaway
at 2013-01-28 23:30

記事ランキング

ブログジャンル

語学
キャリア・資格

画像一覧

ぐうちゃん&ETみたいなの@はらっぱ祭り

先週末のはらっぱ祭りがとても楽しかったので、記事をさっさとアップしたいのですが(次の週末も迫ってきてるし)、この日酔っぱらってお世話になったぐうちゃん(犬)との再会で舞い上がっちゃって、ぐうちゃんの写真だけで30枚位撮っちゃってて、食べ物の写真も沢山あってとても収集がつきません・・・。整理整頓が苦手な私。汗

とりあえず、お気に入りの写真を先にup!(続きは、あまり期待せずにお待ち下さい)

一枚目は、お友達バンドの演奏中、一番前に陣取って(と言うよりステージ上で)悦に入っているぐうちゃん。
f0233815_2295917.jpg
ちなみに、ぐうちゃんの話をしてたら、↓のイケメンインド人は「ぐう?ぐう?ぐうってヒンドゥー語で"う〇こ"って意味だよ!」と大爆笑してました・・・。ディナー中にね。

そしてそして・・・。運命の出会い。
f0233815_2281813.jpg
このETみたいなの、ビビッと惹かれて写真を撮っただけで、その近くで売られていた間引き大根買って満足してましたが(6本100円ですよ、奥さん!)、後から、連れて帰ってこなかったことをこの写真を見る度に後悔しています。何か、とても幸せなエネルギーを感じるんです。かつ、どこか私に似てる気がする。自分の片割れを置いてきちゃったような気分です。あーあ・・・。

で、はらっぱ祭りって一体なんなのよ!?と思ってる方のために、一応イメージ図を。
f0233815_2237126.jpg
武蔵野台地のど真ん中、見ての通りの「はらっぱ」で20年前から有志の市民たちの手で開かれているお祭りです。こちらは、会場の都立武蔵野公園のくじら山からステージを撮った写真。私たちが行った日(日曜日)は生憎の曇り⇒雨空でしたが、顔見知りの人とも沢山会えて、とてものびのびとした午後を過ごすことができました。

この祭りに毎年出演しているバンドと知り合って早6年?「はらっぱ、おいでよ」と言われ続けてやっと参加できたはらっぱ祭り。良い音楽と良い笑顔があって、友がいて、国際色豊かで、昼間っから美味しいお酒を飲んでゴロンと横になったり、子供たちが走り回れるスペースもいっぱいの、理想のお祭りを見つけました。

VIVA 武蔵野!来年も絶対行くぞ~~~!!

しかし、↑の写真見たら、雨の予報だったとは言え、みんな「超」普段着ですね。ま、そこがまた魅力なのか。笑
# by yuko_in_kichijoji | 2012-11-15 22:46 | 東京・江戸散策

かっちょいいインド人と南インド料理を食す夜

昨日のこと。

はらっぱ祭り@野川公園で雨にも負けず音楽と美味しいごはんとお酒をたっぷり楽しんだ後は、東京を西(武蔵野)から東にぐいーんと移動して東京のLittle India、西葛西へ。インド人男性は子供の時は可愛いけど大人になって髭生やしたりすると20代でもメッチャおっさんくさくなるという発言を連発するspice-kissedさんにお見せしたい一枚。

じゃ~ん!!!私の友達、かっちょいいでしょう?
f0233815_21541056.jpg
20代後半ですが、私の周りの女友達の間では、そんじょそこらのBollywood映画俳優よりもええ男だと評判の彼。雨に濡れたせいで髪型ちょっと変ですが、特別に、友情出演してもらいました。かっこいいだけじゃなく、めっちゃいい奴。超優秀で日本語もペラペラですよ~。ちなみに、私、美人で聡明なインド人友達も、二人ばかしいますのよ♪

で、集まったのはスパイスマジック カルカッタ 南口店。ここのマサラドーサを一度食べてみたかったのです。
f0233815_2285335.jpg
写真におさまりきらないでかさ。比較用に携帯並べて撮ってみました。中はこんな感じ。
f0233815_22101329.jpg
あと、友人たちはこんなのや(sizzling!)、
f0233815_2214232.jpg
こんなのや、
f0233815_22152813.jpg
こんなの頼んでました。
f0233815_22171441.jpg
このチキンコルマ、とても美味しかったです!他にも、2皿ぐらいあったんですが、写真撮ってません。興味ある方は、リンク先のtabelogで色々見てくださいね。

他にもインド話、週末面白かった話、ネタがつきないのですが、洗濯物が私を呼んでますのでまた後で~!!
# by yuko_in_kichijoji | 2012-11-12 22:23 | 美味しいもの

ちゃんと受かってました~!!!!(嬉)

本日は、通訳案内士一次試験の発表日でした。自己採点した時点から余裕で合格点取れてるとわかってましたが(4科目中、去年合格した3科目は免除で、今年受けたのは日本史の1科目のみ)、二日くらい前から何だか落ち着かず、ソワソワしておりました・・・。笑 

あ~、ちゃんと受かっててよかった!!!とても晴れやかな気持ち、嬉しいです。
f0233815_2147774.jpg
先週末の話になりますが、一緒にお祝いした友達の誕生日会の画像です。こういうバースデイケーキらしいケーキを囲んだのって、そう言えば何年ぶりだろう。私はこういうショートケーキ苦手なので(呑兵衛の辛党ですから)、食べてませんが・・・。
f0233815_21461649.jpg
実は今月はmy birthday monthでもあり(私はdudeじゃないですよ!)、色んなイベントのお声がかかったり、オフィスから見える冠雪した富士山が朝も夕暮れも美しかったりで、11月に入るまでは山とかパーティーとか、遊ぶことばかり考えてました。笑 あっ、ちゃんと仕事もしてますよ!(一応) 

がっ、去年の5月にふと思いついて受験を決めた通訳案内士試験、やっとここまでこれたので、二次試験までの一か月間は集中して勉強頑張ろうと思います。でも、遊ぶ時は勿論、しっかり遊びます!なんてったって誕生月ですから!!(どっちなんだ)

それでは皆様、よい週末を!それから日曜日に英検一級二次試験を控えている方々、bonne chance!!
努力はきっと報われます。泰然自若の精神で挑んできてくださいね。
# by yuko_in_kichijoji | 2012-11-09 22:03 | 通訳ガイド試験

Justice with Michael Sandel - Conclusion

こちらで紹介していたレクチャー、やっと最後まで見ました。もとい、聴きました。
>最終の日だけ、見逃してるので、結局どうなのよ?ってところが抜けてる。
とコメント下さった「肥後煤竹」さん。
下記、結論(サンデルさんの最後のまとめ)です。
全体の要約は・・・、今度一緒にお酒飲む時か山登る時にねっ!
ちなみに、最後の講義のお題は同性婚は許されるべきか否かだったよ。

When we first came together some 13 weeks ago I spoke of the exhilaration of political philosophy and also of its dangers, about how philosophy works and has always worked by estranging us from the familiar, by unsettling our settled assumptions. And I tried to warn you that once the familiar turns strange, once we begin to reflect on our circumstance, it’s never quite the same again.

I hope you have by now experienced at least a little of this unease, because this is the tension that animates critical reflection and political improvement and maybe even the moral life as well. And so our argument comes to an end in a sense, but in another sense goes on. Why, we asked at the outset, why do these arguments keep going? Even if they raise questions that are impossible ever finally to resolve, the reason is that we live some answer to these questions all the time. In our public life and in our personal lives, philosophy is inescapable, even if it sometimes seems impossible.

We began with a thought of Kant that skepticism is a resting place for human reason where it can reflect upon its dogmatic wanderings. But it is no dwelling place for permanent settlement. To allow ourselves simply to acquiesce in skepticism or in complacence, Kant wrote, can never suffice to overcome the restlessness of reason. The aim of this course has been to awaken the restlessness of reason and to see where it might lead. And if we have done at least that, and if the restlessness continues to afflict you in the days and years to come, then we together have achieved no small thing.

(transcriptはこちらのサイトから拝借。punctuationは適宜変更いれました。)
# by yuko_in_kichijoji | 2012-10-29 13:21 | podcastのススメ

残光

晩夏の断片~伊豆の想い出
f0233815_0104779.jpg
f0233815_014982.jpg
f0233815_0151488.jpg
f0233815_0163133.jpg
あんなに残暑を厭っていたのに、ここ数週間であっと言う間に巡った季節に取り残されてしまったような気がするのはどうしてだろう。

ところでこのブログ、カエルとかニョロちゃんとかしょっちゅう登場してしまって・・・、苦手な方、ごめんなさいね。私、カエルも愛してるんです。
# by yuko_in_kichijoji | 2012-10-25 00:21 |