人気ブログランキング |


Remember that you are a Black Swan - Nassim Nicholas Taleb


by yongohingo

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
医薬翻訳・通訳の部屋
散文
英検1級
美味しいもの
My Library
通訳ガイド試験
山!山!山!!

CPE ケンブリッジ英検
しいたけ日誌
Jogging
Fasting for health
podcastのススメ
東京・江戸散策
翻訳
猫部屋
未分類

以前の記事

2019年 06月
2018年 09月
2018年 02月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2014年 03月
2013年 06月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

お気に入りブログ

ばーさんがじーさんに作る食卓
お散歩日和 ー京都の風ー
永坂嘉光オフィシャルブログ
ハギスはお好き?
楽子の小さなことが楽しい毎日
沢ぱん日記
フィレンツェ田舎生活便り2
ひつじ雲日記
江戸・東京ときどきロンドン
vege dining ...
キルトはお好き?
Deep Season 
カリフォルニア食堂- t...
serendipity ...
ベジタリアンミットゥンと...
Sauntering 
奈良・桜井の歴史と社会
SPICE-Kiss
ネコと文学と猫ブンガク
シェークスピアの猫
なまけものってすごい...Ⅲ
kogomiの気ままな一コマ

メモ帳

最新のトラックバック

Mom's Fruitc..
from なまけものってすごい......
meloの本棚: 『Be..
from キルトはお好き?
2009年1月に読んだ本♪
from キルトはお好き?
meloの本棚:『The..
from キルトはお好き?

検索

その他のジャンル

最新の記事

The world need..
at 2019-06-24 04:15
Bradley Cooper..
at 2019-06-22 14:45
Podcastのすゝめ
at 2019-06-20 22:12
"A Christmas M..
at 2018-09-01 13:38
Valentine's Da..
at 2018-02-12 09:16

記事ランキング

ブログジャンル

語学
猫

画像一覧

6月の読書記録(その二)

6月の読書記録が途中のままになっていました。残り2冊、紹介します。

George Orwellの1984 。実はもう何年も前に読んでいたのですが、The Master and Margaritaを読んだ後、どうしてももう一度読みたくなって手に取りました。世界中で読まれている作品なので、ストーリーの説明はしませんが、テーマは「全体主義体制下に生きる人間の尊厳」という意味では同じです。George Orwellの作品は他にもAnimal Farm(邦題:動物農場)とHomage to Catalonia(邦題:カタロニア讃歌)を読みましたが、1984は他とは一線を画す、卓越した作品です。当時のソ連を批判する反共主義本と考える人もいるようですが、これはイデオロギーを超えて、人間の集合体という「全体」の中で人間らしく生きるとはどういうことかを問いかける一種の哲学書だと思います。特に後半のSmithとO'Brienの問答は理論構成が精巧で、巧妙に歪んでいて、身の毛がよだつほど恐ろしい。Smithが非人間的拷問に屈し、人間性の瓦解という結論に至る点で、MasterとMargaritaが最後に(あくまでも象徴的に)自由の地に飛び立つThe Master and Margaritaとは異なります。loveという言葉が最後に絶望的な状況で使われているところでは、SuskindのPerfume: The Story of a Murdererを思い出しました。

司馬遼太郎の「二十一世紀に生きる君たちへ」。大阪の司馬遼太郎記念館を訪れた際に、記念館が刊行した自筆原稿付きの本を購入しました。小学校高学年を対象に書かれたエッセイと、医師であり蘭学者であった緒方洪庵の生涯について書かれた「洪庵のたいまつ」が併録されています。「二十一世紀に生きる君たちへ」は易しい言葉で書かれた短いエッセイですが、自筆原稿を見ると推敲に推敲を重ねた作家の真摯な姿勢に胸をうたれます。「洪庵のたいまつ」の「世のためにつくした人の一生ほど、美しいものはない」という冒頭文には、利他の精神を生涯をかけて追及した(と私は思う)作家司馬遼太郎の謙虚さが表れています。何度読んでも胸が熱くなりピンと姿勢を正したくなる、子供たちだけでなく大人にも読んで欲しい名著です。下は司馬遼太郎記念館近くの公園にある文学碑(「二十一世紀に生きる君たちへ」の一節)です。

f0233815_1426166.jpg

司馬遼太郎記念館訪問については、また後日レポートします。
というわけで、6月に読んだ本は計5冊。内2冊は試験勉強の為の本で、6月前半は仕事が忙しく通勤時間も医学論文読んだりしてました。趣味の読書に費やせる時間がもっと欲しいですね。
by yuko_in_kichijoji | 2011-07-31 13:40 | My Library | Comments(0)